街の財政について

先日、皆様からの温かいご厚意により、財政破たんの危機を乗り切ったムーングロウ(sakura)
本当にありがとうございました

9

ところで、その使い道が気になる方もお見えになると思います

首長は、このお金を引き出して、自由に使う事はできません!!              

このお金で、高価なアイテムを買い、自ら身に着ける事はできません!!

財政の使い道
現時点で私が把握しているのは1つ(NPCギルドとの契約)だけ
その契約先を決めるくらいですね
この契約を継続するためには、1週間で2Mの経費が必要になります
1か月で8M~10Mですね

では、市民の皆様が寄付するメリットとは何でしょうか?

①街がNPCギルドと契約している場合、「評判の客人」以上の評価を得た市民は
市政ストーンのコマンドメニューから「契約を利用する」を選択し、
24時間の間、契約の恩恵を受ける事ができます

神秘秘術ギルド:魔法ダメージ +5
裁縫師ギルド:各抵抗 +1
バード協議会:ファストキャスト +1   ・・・ sakuraのムーングロウはここと契約しています
技術組合:DEX +3
ヒーラーギルド:包帯治療ボーナス +5%
海洋ギルド:ヒットポイント回復 +2
商人連合:マナ回復 +2
鉱夫共同体:STR +3
レンジャーリーグ:INT +3
暗殺者ギルド:武器速度 +5
戦士ギルド:命中 +5

②自己満足の世界になってしまいますが
たくさん寄付した人は、称号が貰えます
※称号を街から買うと言った方が正しいかも・・・
ちなみに、「公爵」を得ようとすると
至高の市民であり、50Mの寄付が必要です

③財政を増やすと言う名目でイベントが開催され
UO内での交流の場が生まれる
※今回はこれに当てはまると思います