• カテゴリー別アーカイブ SAクライアント
  • EC(SA)クライアントで死体を楽々探す フィルター

    最近、白網大会の情報が良く流れて参ります

    その中で、皆様からよく聞くのが、
    「死体が探せなかった」
    「死体を探している間にまた死んだ」

    そこで、EC(SA)で死体を楽々探す フィルターをご紹介します

    まずは、状況の再現

    今回は、これらのオブハンアイテムの中から「金庫」を探してみます

    まずは、「Switch Object Handle」を選択

    フィルターの設定

    今回は、「金庫」を入力

    この様に金庫しか表示されなくなりました

    白網大会の状況で言えば、オブハンで死体を表示させる

    遠くから死体をWクリック

    Last Objectを連打しながら、死体に近づく

    うまく回収できたら即離脱

    これで、楽々死体回収が出来ま~す


  • 楽々修理DEED作成

    修理台で唯一枠が空いていた鍛冶
    古代60を使って、いざチャージです
    古代60を持った姿が凛々しいです

    無題4

    1まいずつクリックしていては大変ですね
    まずはマクロを作成です 

    修理→ターゲットが出るまで待つ→ラストターゲット(空スクロール)

    無題5

    ワンクリックで何枚でも作れます  

    無題7

    あっという間に鍛冶180の修理DEEDが250枚完了です  

    無題6

    フレンド以上の方なら、解放されていますので
    ご自由にお使いくださいね


  • EC(SA)クライアントの取扱説明書 オーガナイザー(Organizer)の編集・追加・ついでに並び替えもしてみた

    オーガナイザー(Organizer)ってとても便利な機能
    登録したアイテムをワンクリックで死体から回収してくれます

    でも、当然ですが、アイテム登録はキャラ毎に設定されます


    せっかく登録したレアアイテム
    他のキャラにも登録しておきたいですよね

    しかし、オーガナイザー(Organizer)にアイテム登録する時は、英語化したり設定保存のために一度ログアウト→ログインを何度かさせないといけなくて、非常に面倒な作業なのです

    そこで、マクロの編集と同じ要領で、メモ帳でオーガナイザーも編集してしまいましょう

    ※本記事の内容については、自己責任の下、お試し下さい
    ※本記事により発生した不具合・損失・その他諸々は、いかなる理由があろうと保証いたしません

    まずは、移植前の画面です・・・移動先(キャラB)
    赤字の”Cursed Oilstone”が一番最後の登録アイテムです

    移動元(キャラA)の設定情報
    ”Cursed Oilstone”は67番目に登録されていることが分かります
    なので、「StringVar name=Organizer」の68番目~78番目をコピーします
    ※今回の説明ではStringVar name=Organizer1itを移植します
    設定環境に合わせて変更して下さい

    移動先(キャラB)の設定情報に追加貼り付けします

    今回の説明ではOrganizer2とScavenger1は移植せず、不要な設定なので削除します

    次に、「NumberVar name=Organizer」の”Type” ”Hue” ”Id”の3つをセットでコピーします

    移動先(キャラB)の設定情報に追加貼り付けした後の画像です
    68~78が追加されました

    間違いない事を何度も確認後、上書きをして、
    さて確認です

    あれれ?? 何も変わっておりません
    赤字の”Cursed Oilstone”が一番最後の登録アイテムのままです

    さらに、設定情報を探し、ついに発見しました!!

    「NumberVar name=OrganizerOrganizers」の値が”78″になってます
    先ほどのコピーした設定ナンバーを思い出してください
    そう、68~78でしたよね
    従って、この設定を78に変更する必要があったのです

    移動先(キャラB)の設定情報を”78に書き換えます”
    ※検証で1個追加登録したので元データが68になってますが、元々の値は67でした

    (*´▽`*)わ~い
    おめでとうございます!!オーガナイザーアイテムが追加されました

    さて、ドキドキの検証です
    アビス布、腐った心臓、精密天秤を床に置き・・・
    あれれ??拾いません・・・

    あっ! スカベンジャーと勘違いしてました~~~
    ドジっ娘レモンさんです

    気を取り直し、再検証です

    ヘイブンゾンビを倒し、死体にアイテムを入れます
    そして、オーガナイザー発動すると、見事にアイテムが回収されました

    やった~~~~~~~~!!

    ここまで読んで頂いた皆様は、既にお気づきだと思いますが
    同様にスカベンジャーも変更できるし、
    設定ナンバーを変更すればアイテムの並び順も変更する事が可能になります

    応用技でぜひトライしてみて下さいね ^o^/


  • 私の扇動上げマクロ(ECバージョン )

    扇動上げ 面倒ですよね~
    失敗すると発狂したモンスターが襲ってくるし

    沈静みたいにじっとして安全に上げれないものなのかな?

    そんなあなたに朗報です!!

    その前に、マクロの組み方について説明です
    私は、音楽上げ、扇動上げ、沈静マスタリー上げを並行させるマクロを組みました

    生物を登録するコマンドは何?と思った方は
    EC(SA)クライアントの取扱説明書 便利マクロをご覧ください

    そして、登録する順番ですが、騎乗する生物を第1ターゲットに登録して下さい

    マクロが完成したら、第1ターゲットのペットに騎乗し、マクロを発動
    そして見事に、扇動成功です
    失敗しても、第1ターゲットのペットは襲ってきません(騎乗しているからね ^o^)
    これで、安心してスキル上げが出来ますね

    注意点があり、戦闘直後やログイン直後など、
    登録したターゲットを上手く認識してくれない時があります
    その時は、ペットから降りた状態でリログすれば戻ります
    (ペットの乗り降りでも大丈夫なはず)

    マクロが正しく機能する事を確認出来たら、
    EC(SA)クライアントの取扱説明書 マクロの編集でリピート回数を増やします
    ※マクロの編集は自己責任で使用願います


  • EC(SA)クライアントの取扱説明書 マクロの編集

    コメントでご質問頂きました件について、
    あくまで、「私の環境では」という事だけご了解いただいた上で回答させていただきます
    ※本記事の内容については、自己責任の下、お試し下さい
    ※本記事により発生した不具合・損失・その他諸々は、いかなる理由があろうと保証いたしません

    マクロは以下のフォルダーに登録されています

    C:\Users\”ユーザー名”\Documents\EA Games\ウルティマ オンライン ステイジアン アビス\User Data\”アカウント名”\”シャード名”

    お恥ずかしいですが、私のフォルダー内はこんな感じです
    拡張子無しが、本物のデータです
    拡張子が .bak はバックアップ用のコピーファイルです

    無題8

    red-lemonのバックアップファイルが多いのは、
    このキャラで試行錯誤しながら、マクロやホットバーを完成させました

    red-lemonをコピーして、ファイル名をlemonに変更すれば、
    マクロ、ホットバーの配列などが、全く同じにできます

    当然ですが、そのキャラ内で登録したアイテムなどは、
    別キャラ用に再登録する必要があります

    メモ帳などで編集すれば、
    1回のマクロを30回分まで増やす事もできます
    赤枠内のマクロを1個だけ登録し、ログアウト
    ⇒ メモ帳で該当部分をコピペ
    ⇒ 必要数コピペ
    ⇒ 保存
    さらにリピート10回にすれば、300回まで繰り返しできますね

    画像は理解しやすく簡素なマクロですが
    複雑なマクロを繰り返させるときは、この方法が便利です

    無題9

  • EC(SA)クライアントの取扱説明書 ホットバーの移植

    せっかく使いやすく作ったホットバー
    他のキャラにも移植したいですよね
    せっかくなので移植してみましょう 

    ※本記事の内容については、自己責任の下、お試し下さい
    ※本記事により発生した不具合・損失・その他諸々は、いかなる理由があろうと保証いたしません

    予備知識として、マクロの移植も読んでおいて下さい

    まずは、移植前の画面です

    無題1

    ホットバーは2ヶ所に分けて保存されています

    ①WindowSettingsの中

    無題2

    今回は、一番新しく作ったホットバー(一番下の36番)を移植してみます

    無題3

    ②Hotbarsの中

    無題4

    ①と同じく一番下の36番です

    無題5

    私の場合は、検索とコピーがしやすい様に
    新規メモ帳に抜き出しておきました

    無題6

    まずは、目印となるキーワードをコピーします
    私の場合は ”</WindowSettings>”を目印としました

    無題7

    移植先のデータ内で、コピーしたワードを使って検索します

    無題8

    次は、移植したいデータをコピーします

    無題9

    先ほどの検索先 ”</WindowSettings>”のすぐ真上の行に貼り付けします

    無題10

    2か所目も手順は同じです
    まずは、目印となるキーワードをコピーします
    私の場合は ”<Macros>”を目印としました

    無題11

    移植先のデータ内で、コピーしたワードを使って検索します

    無題12

    コピー元のデータを、”</Hotbars>”の上の行に貼り付けます

    ここで要注意なのが、”</Hotbar>”と”</Hotbars>”を間違えやすい事!!
    間違っていると空白の数が違うので、気付くとは思いますが、ご注意ください

    無題13

    そして、起動すれば、ホットバーが追加されました 

    ホットバーの大きさは、お好みで調整して下さい
    サイズ変更はこちらを参照願います

    無題14

  • EC(SA)クライアントの取扱説明書 マクロの移植

    新規キャラにマクロの移植です 

    ※本記事の内容については、自己責任の下、お試し下さい
    ※本記事により発生した不具合・損失・その他諸々は、いかなる理由があろうと保証いたしません

    初期キャラ
    ※デスクトップの編集については、過去記事をご覧下さい
    マクロはほとんど入っていません 

    無題1

    既存のキャラのマクロをコピーします  ※詳細は過去記事をご覧ください

    マクロは以下のフォルダーに登録されています
    C:\Users\”ユーザー名”\Documents\EA Games\ウルティマ オンライン ステイジアン アビス\User Data\”アカウント名”\”シャード名”

    無題2

    今回はyyyがいるテストセンターに貼り付けます

    無題3

    lemonの設定ファイルがyyyのいるテストセンターにコピー完了しました

    無題4

    既存の yyy を  yyy.bak に変更します (バックアップ不要なら削除でもOKです)

    無題5

    lemon → yyy へ変更します

    無題6

    uoを起動すると、yyyの環境は、lemonと同じ環境になりました
    マクロも豊富です  

    無題7

    続いて、マクロのコピーです

    適当なマクロを作成します
    後から探しやすいマクロ名にしておきましょう

    無題8

    作成したマクロをホットバーに置き
    ログアウトします

    無題9

    yyyの設定ファイルを開きます

    無題10

    私は メモ帳を利用しています

    無題11

    ファイルを開いたら、先ほど作成したマクロ名の場所を探します

    無題12

    コピー元(今回はlemon)のマクロファイルを開きます

    無題13
    無題14

    コピー元(今回はlemon)のマクロをコピーします
    例は”複数の敵をペットで攻撃”  ・・・ 手動で設定していたら、すごく手間がかかるマクロです

    無題15

    今回はyyyの”テスト1”に貼り付け

    無題16

    貼り付け完了したら、上書きします

    無題18

    uoを起動し、yyyのマクロを見ると、複雑なマクロが完成していました!!

    無題19

  • EC(SA)クライアント 長年にわたる悩みがやっと解決^o^

    EC(SA)クライアント導入してから今まで
    ESCを押すと、メニューが開くと同時に、
    戦闘モード切替が行われてしまう問題(しかも、毎回発動するわけでは無い)に
    悩まされていました

    ところが、取扱説明書を作成中のある日、思わぬ発見をしてしまいました

    ESCを押すと、「オールキル」と発言している(しかも、毎回ではない)ではありませんか

    たしか、マクロに「オールキル」は登録したのですが
    ホットキーは設定していない

    無題12

    とりあえず、本垢で確認
    すると・・・

    あっ、マクロの一番上に「戦闘モード切替」が登録されている

    無題11

    では、マクロ1にホットキーを登録しちゃえば、良いのではと考え、実行しましたが、
    今度はマクロ2が発動してしまう事が判明(発動順の繰り上がりですね)  

    無題13

    そこで、マクロの一番上を「ダミー」とし、
    遅延0秒にしてみたところ、解決できました

    (相談にのって頂いた金ピカさんにも、この場を借りて感謝申し上げます)

    無題14

    ここに至るまで、長かったですが、解決できてよかったです


  • EC(SA)クライアントの取扱説明書 SG用マクロ

    EC(SA)クライアントの記事は不人気だったので更新しておりませんでしたが
    昨日、今日とUO内で話題になったので、少しだけ追加させていただきます

    私がSGで使用しているマクロは以下の通りです

    ★酒場(バー)

    まずはお酒を事前に飲んで、魔力による誤飲を防ぎます
    私は無制限に飲めて保険が使える「シャンパンフルートグラス」を使用しておりますが
    じつは、通常の方法では、使用アイテムとして登録できないのです
    その為、特殊な方法で登録しております
    それが、画像の通り「特攻楽器をターゲットさせる」です
    このマクロはすごく便利で、IDナンバーで登録できるため、
    基本的にどんなアイテムも登録可能なのです

    無題5

    次はお酒を投げる
    最も近い敵をターゲットし、拾ったお酒を投げるだけです
    ※注意点としては、拾うお酒の種類(形状)と同じお酒を持っていると
        ご使用してしまうため、酔っぱらう為のお酒は、
        拾うお酒と違う物を所持するようにしましょう

    無題4

    ★武具屋

    武具屋では、部屋に入る都度、浄化用の炎のIDが変わってしまいます
    その為、部屋に入る毎に浄化用の炎のIDを覚えさせます
    そこで便利なのが 「Store Default Object」です
    ナンバーは1~5まであります

    無題1

    次は拾った護符を浄化します
    拾った護符のターゲット先として「Target Default Object」を指定します
    ※注意点として、先に登録したStoreと同じナンバーを選んでおく必要があります

    無題2

    最後に浄化した護符を投げます
    浄化した護符を選び、あとは手動で投げます
    (Wクリックの手間を無くし、ワンキーで使用状態にしているだけです)
    自動で投げる事も可能だと思いますが、
    個人的には手動の方が楽で速いと思います

    無題3